« アムステルダムのウォータフロント散策−5 | トップページ | 良い週末を! »

2012年7月 6日 (金)

16年前の「大フェルメール展」

P1020913
今日本で彼女は大人気なのでしょうね。

この写真は昨年日本で期間限定で開かれていた<フェルメールセンター>に飾られていた「真珠の耳飾りの少女」のコピーです。ただ大きさは実際のもので、額縁も本物のコピーだそうです。このセンターにはフェルメールの全作品35展が書かれた順番に飾られていました。全てコピーですが。

そのうちの一枚が、本物ですが、今日本で展示されているのですね。母国オランダには後2年経たないと戻ってきません。

さてそんな貴重なフェルメールの作品が、一堂に集められた展覧会が今から16年前に開かれたのでした。

全作品のうちなんと23点が集められました。もう二度とこのような展覧会は開かれないと当時言われていましたし、その後まだそれ以上集めた展覧会は開かれていません。

その奇跡のような展覧会を私は見に行くことができました。下記がその時のチケットです。このチケットは当時でも大変プレミアムがついていた、貴重な1枚でした。

展覧会場は、ハーグにあるマウリッツハイス美術館で特設テントが張られて、夜遅くまでオープンして入場者をさばいていました。

今、日本では1点の為に多くの方が並んでいるのでしょうね。

当時はそんなありがたい展覧会だともよく知らずに行ってました(笑)

1_2

人気ブログランキングへ←皆さんのワンクリックが励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログ ヨーロッパ情報へ
にほんブログ村

|

« アムステルダムのウォータフロント散策−5 | トップページ | 良い週末を! »

コメント

初日からすごい人出だったそうです うちの家族が今夜見に行くとのとこと(8時までなので)
オランダで16年前に見た展覧会がそれほどのものだったとは...すごいラッキーだったのですね!!

投稿: figlia del sole | 2012年7月 6日 (金) 10時27分

いいですねー。何がってフェルメール!!。4月のチューリップ見物のついでにデルフトのフェルメールセンターに行ってきましたよ。ロビーのカフェでコーヒーとケーキ美味しかった(笑)。フェルメール全作品のうちの23点も観られたなんて今考えると奇跡としか言いようがない本当にすっごい幸せ者ですね。

投稿: マミー | 2012年7月 6日 (金) 11時17分

何とも羨ましい限りです。の一言です。その展覧会を開催されたスタッフの思いに敬意を表します。その展覧会に参加され、その時のチケットを拝見させていただき感激しました。私がフェルメールのことを何回も書き込んでしまい、すいませんでした。
貴重なお話、ありがとうございいました。

投稿: magatama | 2012年7月 6日 (金) 17時27分

昨日家族が行きましたら 金曜夜でもフェルメールの絵の前だけは混んでいたそうです... どこもかしこもフェルメールのこの絵が飾ってあったそうです (ちなみに彼はオランダ絵画がいたく気に入りました 嬉しい!)

それと今 近くの国立西洋美術館にもフェルメール「真珠の首飾りの少女」が来ています (9/17まで):
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2012berlin.html#mainClm

投稿: figlia del sole | 2012年7月 7日 (土) 08時36分

>皆様へ
本当に今から思うと奇跡の様な大展覧会でした。

投稿: ◇旅のスタイリスト | 2012年7月 8日 (日) 05時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アムステルダムのウォータフロント散策−5 | トップページ | 良い週末を! »