2009年11月 6日 (金)

イメージ ベトナム

Img_3165700

ほんの一瞬の思いつきで撮った写真です。

ベトナムの民族衣装を着たこの建物の案内をする女性でした。

どうでしょうか? 何となくベトナムのイメージが感じられますか?

ただこの建物は、写真の雰囲気、柔らかい、優しいイメージからはほど遠い、歴史上の重要な建物でした。

続きを読む "イメージ ベトナム"

| | コメント (5)

2009年10月24日 (土)

サイゴンの夜

Img_2929

<サイゴン> 何となくノスタルジックな響きのある名前だと思いませんか。

現在のホーチミンの夜の情景です。 

今朝このベトナムから帰国しました。上は今回宿泊したベトナムで最も古く(1880年〜)由緒あるホテル、コンチネンタルサイゴンです。

コロニアルな雰囲気を残したホテルで、このホテルにまつわる話や小説は沢山あるようですがそれは又別の機会「ホテル物語」でお話ししましょう。

さてそのサイゴンの夜、今日はこんな情景を簡単にご覧いただいて終わりにしましょう。

なにせ夜中のフライトでよく寝てなくて(笑)

続きを読む "サイゴンの夜"

| | コメント (8)

2008年8月 3日 (日)

Images of NYC - 01

2008_0714080714nyc_pei0172

@メトロポリタン美術館

たまたまフレームに入ってきた美女。 顔が写っているのもあるのですがそれは止めましょう(笑) でも可愛い子でしたよ。

メトロポリタン美術館自体は世界三大美術館と言われる程有名な美術館で、世界の名画や彫刻、装飾品など多数展示している美術館で皆さんもご存知の方も多いと思いますが、この美術館のこの写真の屋上スペースって、有名なんですかね? 私はこの美術館2回目だったのですがこの場所は初めてでした。

2008_0714080714nyc_pei0163

絶対お薦めです、この景色。

セントラル・パーク越しに見える摩天楼は、まさにニューヨーク!!


続きを読む "Images of NYC - 01"

| | コメント (4)

2006年6月18日 (日)

「情景」写真のお気に入り

Rom11_1 ローマ/イタリア

以前にもご紹介した写真でもあり、今とは全く反対の真冬の時期の写真でもあるのですが、個人的に気に入っている「情景」の一枚なので再登場させました。

12月31日のローマ、寒い寒い日でこの石畳からもその寒さが伝わってくるようと、ミラノ在住の方からもコメントもいただきましたが、ほんとに寒かったのです。この街角の花屋さんの所だけホット暖かさが感じられて、思わず一枚撮ってしまいました。

石畳の寒さ、色とりどりの花、それを買求める人、古い街並み、何か温かさが感じられませんか? そんな思いを抱いて撮った「情景」でした。

1クリック、コメントお願い出来れば励みになります

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

2年目 始めの一枚 「情景」と言うこと

12_1 サンジミニャーノ/イタリア

ブログタイトルにも使っている「情景」について個人的な解釈を2年目の一枚の話題にしたいと思います。

ブログを始める際に考えたタイトルは、一般的に考えれば「世界の風景」が普通でしょうが、それを「海外の情景」にした訳は個人的にはかなり意識して付けたつもりです。自己満足でしょうが(笑)

私は写真のプロではないので、あくまでも個人の基準ですが、「風景」は客観的にその場面を写した、言わば「絵葉書的な」感情の入っていない写真だと思います。一方私が目指した(そんな意識して始めたわけではなかったっと思いますが:笑)写真は、ある一瞬を切り取った中に、写す側のその時の「情」=例えば、その撮影したときの、感動、驚き、嬉しさ、悲しさ、などが一枚の中で記録できればと思いました。個人の記録としての「情景」でした。

お蔭様で私のブログをご覧いただいて「ホットする」など好意的な感想をいただいたことは、私の「情」に少しは共感していただいているのかと、自己満足に浸っております。

写すときは非常に「穏やかな」気持ちで撮っておりますので(笑) 海外に居ると気持ちがしっとりするというか、落ち着きます。日本の生活では気持ちが「かさつく」ような感じをしばしば持ちますが皆さんはどうでしょう。

さて「海外の情景 今日の一枚」は皆さん何を感じていただいたでしょう。

日曜日の朝、私は仕事でこの街に来ていました。中世の面影を残す広場のカフェのイスから城門を眺めていました。絵になりそうな女性が歩いて来ます。思わず一枚・・・でした。単に綺麗な人が好きな感情だけでした(笑)

今後も「風景」ではなく、「情景」をご紹介して、少しでも「旅情」、(そうこれも「旅の情」でしたね)を感じていただければ幸いです。

1クリック、コメントお願い出来れば励みになります

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月15日 (水)

プロヴァンス 夏の光

provence23 トゥールトゥール(Tourtour)/プロヴァンス/フランス

恋しい夏の光の話が出たついでに、もう一枚ご紹介。私のとっておきの場所のひとつでもあります。

標高約600M、村民約500人の小さな村。ここはそのメインストリートです。「フランスで最も美しい村」の一つでもあります。中世の古い町並み、11世紀の教会や、12世紀のお城など、まさに時が止まったような、騒音や喧騒からは無縁の小さな村です。

続きを読む "プロヴァンス 夏の光"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

ボラボラ島の青

DSCF1879

ボラボラ島/タヒチ

どうですこの青、エメラルドグリーン・・何色と言うのでしょう。これでも陽は出ているのですが、光量が少なく、雲がなければこの青もっと冴えているようです。でも充分いい色でしょう。個人的にも好きな色です。

この写真ではわかりにくいのですが、ラグーンのグラデーションがすばらしく、思わず見とれてしまいました。

このボラボラ島はタヒチの島々の中でも特に人気の高い島で、「南太平洋の真珠」 とも呼ばれています。美しいサンゴ礁に囲まれ、本島にはオテマヌ山をいただき、青とグリーンのコントラストは絶妙です。この楽園の情景はなかなか素人には撮れないのでタヒチ観光局のページでお楽しみ下さい。

■タヒチ観光局  http://www.tahiti-tourisme.jp/

1クリック、コメントお願い出来れば励みになります

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

イタリアお気に入りの家並み

itl_chinquet05 ヴェルナッツァ/チンクエテッレ/イタリア

ミラノ中央駅から約1時間半、東リビエラの海岸線の村、ヴェルナッツァ駅に降り立った目の前の景色です。この駅前の情景を見たとき、思わす歓声を上げました。この写真でそれが伝わるかどうかわかりませんが、いかにもイタリアの飾らない生活感の感じられる村を肌で感じました。夏場はもちろん人気の観光地であり、リゾートとはチヨット違うのですが、心が開放されるような感じのいい村でした。この村も含めて、海岸線にへばりつくように5つの村が点在しているこの地域、チンクエ・テッレ(5つの土地とか村、と言う意味)です。最近のイタリアでは個人的には一番のお気に入りの村かもしれません。

続きを読む "イタリアお気に入りの家並み"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年1月20日 (金)

雑誌に紹介されました

germany23

今週発売された「デジタルカメラ上達法」㈱インプレス発行に私のブログが紹介されました(ほんの小さな囲み記事ですが)。いろいろな方が見に来ていただいてた事に改めて驚いています。ありがとうございました。紹介されたからヨイショするのではないのですが、このムック、デジカメ撮影、加工、見せ方などが簡単にわかりやすく解説されています。わかりやすいデジカメ解説本です。

さて今日の一枚ですが、

続きを読む "雑誌に紹介されました"

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

冬のヨーロッパ ヴェネチア イメージ

winter_vce13                         イメージ/ヴェネチア/イタリア

冬のどんよりとした天気、溜息の橋、運河、そして真っ赤なヴェネチアングラス・・・・

続きを読む "冬のヨーロッパ ヴェネチア イメージ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)