2009年8月18日 (火)

★クリスマス情報 パリ郊外 ヴォールヴィコント城のイルミネーション

Vicomte700

*写真提供:ヴォールヴィコント城 Château de Vaux-le-Vicomte

一時の暑さは少し和らいできた今日この頃ですが、早くもクリスマス情報です。

この冬パリへご旅行計画の方に耳より情報を早めにお知らせしましょう。

どうですこのロマンチックな情景は。クリスマスの前後に限ってこの幻想的な情景をみることができます。期間限定です。

未だ暑い日本では気分が出ませんが、このお城は、かのヴェルサイユ宮殿の元になったと言われている17世紀バロック様式の城です。ここはルイ14世の大蔵卿ニコラ・フーケによって建てられました。当時最高の芸術家と言われている建築家のル・ヴォー、画家のル・ブラン、造園家のル・ノートルを招いて建築にあたらせました。しかしあまりにも出来が素晴らしかったのか、ルイ14世のひんしゅくをかい、フーケは失脚させられ、この建築に携わったこの3人の芸術家は、ヴェルサイユ宮殿建築に従事させられる事になりました。

そんな逸話のある素晴らしいお城のイルミネーション、この限られた時期だけのものですので是非日程に組み込んではいかがでしょう。

続きを読む "★クリスマス情報 パリ郊外 ヴォールヴィコント城のイルミネーション"

| | コメント (2)

2008年8月19日 (火)

ニューヨーク 夜景とJazzのある空間 その1

2008_0714080714nyc_pei0243

@Dizzy's Club

このライブハウスに是非行ってみたかったのです。前回NYCに来た時には、有名な<Blue Note>に行っていたく感動したのでしたが(その内容はこちら)、今回はこの、場所、雰囲気がたいそう気になり、ぜひ行ってみたかったのでした。

その理由は、この写真、ボケていてイマイチですが、ステージの後ろがセントラルパーク越の摩天楼の夜景です。これぞニューヨークって感じですよね!! どうですか?

数年前この店がオープンして、そのニュースを見た時から気になってました。この店は<Jazz at lincoln center>という3つ異なったスペースを持つJazz施設のうちの一つで、ここはいわゆるライブハウスで食事もお酒も楽しめます。

Jazz01

続きを読む "ニューヨーク 夜景とJazzのある空間 その1"

| | コメント (1)

2006年3月15日 (水)

プロヴァンス 夏の光

provence23 トゥールトゥール(Tourtour)/プロヴァンス/フランス

恋しい夏の光の話が出たついでに、もう一枚ご紹介。私のとっておきの場所のひとつでもあります。

標高約600M、村民約500人の小さな村。ここはそのメインストリートです。「フランスで最も美しい村」の一つでもあります。中世の古い町並み、11世紀の教会や、12世紀のお城など、まさに時が止まったような、騒音や喧騒からは無縁の小さな村です。

続きを読む "プロヴァンス 夏の光"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年2月 4日 (土)

チンクエ・テッレの村々 その3

itl_chinquet02 リオマッジョーレ/チンクエテッレ/イタリア

小さな入り江です。

続きを読む "チンクエ・テッレの村々 その3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 3日 (金)

チンクエ・テッレの村々その2

itl_chinquet08 ヴェルナッツァ/チンクエテッレ/イタリア

前回の写真の駅前の狭い、にぎやかな通りをしばらく歩くと、急に目の前が開けて、小さな広場に出ました。その先には小さな入り江とほんの少しのビーチもありました。その広場の写真です。

続きを読む "チンクエ・テッレの村々その2"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年2月 1日 (水)

イタリアお気に入りの家並み

itl_chinquet05 ヴェルナッツァ/チンクエテッレ/イタリア

ミラノ中央駅から約1時間半、東リビエラの海岸線の村、ヴェルナッツァ駅に降り立った目の前の景色です。この駅前の情景を見たとき、思わす歓声を上げました。この写真でそれが伝わるかどうかわかりませんが、いかにもイタリアの飾らない生活感の感じられる村を肌で感じました。夏場はもちろん人気の観光地であり、リゾートとはチヨット違うのですが、心が開放されるような感じのいい村でした。この村も含めて、海岸線にへばりつくように5つの村が点在しているこの地域、チンクエ・テッレ(5つの土地とか村、と言う意味)です。最近のイタリアでは個人的には一番のお気に入りの村かもしれません。

続きを読む "イタリアお気に入りの家並み"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年1月29日 (日)

トスカーナの家並み

italy_stgimi02 サン・ジミニャーノ/トスカーナ地方/イタリア

「美しき塔の街」とよばれている、サン・ジミニャーノ。私自身好きな街のひとつです。トスカーナの緩やかな丘陵地帯に突然現れるこの塔の街は非常に印象的です。

どうして「塔の街」と呼ばれるかというと、貴族の富の象徴として又戦いのときの自分の居所として街の中にどんどん建てられ、現代の高層ビルの林立のようになったことに由来するようです。

続きを読む "トスカーナの家並み"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

入り江の礼拝堂

frnce_villefrn01   サンピエール礼拝堂/ヴィルフランシュ・シュル・メール/フランス

そう必ず見ていただきたいのはこのサンピエール礼拝堂です。あのジャン・コクトーが装飾をした小さな礼拝堂です。中は残念ながら撮影禁止だったのですが、撮ってきました・・

続きを読む "入り江の礼拝堂"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

静かな入り江の村 ヴィルフランシュ

frnce_villefrn02 ヴィルフランシュ・シュル・メール(Villefranche-sur-mer)/コート・ダジュール/フランス

木骨組の家並みが続いたので、雰囲気を変えてほかの国の家並みを見て見ましょう。こうやって比べてみてみると各国違って面白いですね。ただそのテーマに沿って写真撮ってませんので手持ちの写真の中からあるだけ並べてみます。

フランス、コートダジュールの中心ニースから車で約20分ほどの静かな入り江の村。ご覧のようなパステルカラーのかわいらしい家並みが続きます。イタリアの雰囲気に近いでしょうか。ドイツの硬い(?)家並みと違って、なんとなくリゾートっぽい、ラフな家並み(笑?)に見えませんか

続きを読む "静かな入り江の村 ヴィルフランシュ"

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年1月20日 (金)

雑誌に紹介されました

germany23

今週発売された「デジタルカメラ上達法」㈱インプレス発行に私のブログが紹介されました(ほんの小さな囲み記事ですが)。いろいろな方が見に来ていただいてた事に改めて驚いています。ありがとうございました。紹介されたからヨイショするのではないのですが、このムック、デジカメ撮影、加工、見せ方などが簡単にわかりやすく解説されています。わかりやすいデジカメ解説本です。

さて今日の一枚ですが、

続きを読む "雑誌に紹介されました"

| | コメント (10) | トラックバック (0)