« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月29日 (火)

『大人のBALI』 No05

Img_4474

南国の花々がホテルのロビー、レセプション、スパ・・・と

あちこちに甘い香りとともに飾られていました。

続きを読む "『大人のBALI』 No05"

| | コメント (9)

2009年9月26日 (土)

ウィーン美術史美術館 ブリューゲルの世界

Img_2500

今晩のテレビ東京『美の巨人たち』はネーデルランドが生んだ北方絵画の巨匠、ブリューゲルの一枚を取りあげていました。

『農民の婚宴』私も今日の一枚はそれにしました。

この絵画の不思議、花婿はどこに?
そんな話知りませんでした。この絵を見に行ったのはもう2年前ですが、そんな話を知っていればもっと興味深く見れた事でしょう。
■美の巨人たち

この美術館にはこの他にもブリューゲルの作品が数多く収蔵されています。

Img_2504

彼の代表作『雪の中の狩人』

この美術館ブリューゲル一はじめ巨匠達の作品が数多くかざられ、数日かけても見尽くせないほど膨大な作品が収蔵されています。

ただ館内は広々として、ゆったり鑑賞出来、日本の美術展の混み様とは全く違った世界が広がります。文化度の違いでしょうか。

◇過去ログです

Img_2525

 

1クリックいただけると励みになります

| | コメント (4)

2009年9月23日 (水)

『大人のBALI』 No04

Img_4543

写真は時の流れの一瞬を切り取ることが醍醐味でもあり、又そのどの場面を切り取るかがその人のセンスにかかってくると思います。

上の情景もそんな一瞬を切り取りましたがどうでしょう。バリ舞踊のお稽古の真っ最中です。

ただこのようなシーンはやはり動画の方が良いのでしょうか。

1クリックいただけると励みになります

| | コメント (0)

2009年9月22日 (火)

『大人のBALI』 No03

Img_4404

Four Seasons Resort Bali at Jimbaran Bay のバスルームのアメニティーです。

ここも泊まってはなくてホテルインスペクションでやってきました。

昨日の「ブルガリホテル」は素晴らしいのですが、やはりあのホテルに何泊もする、出来る日本人はそういないかと思います。
ただただホテルライフをゆったり、ラグジュアリーに楽しみたい方にはうってつけですが。

一方こちらのフォーシーズンズも、もちろん高級、デラックスホテルですが、アクティビティーが揃っていたり、ホテル周りにはレストランや屋台があったり、街中にも近かったりと、やはりこういうホテルの方が我々としては使いやすそうです。

今日の話題は、ホテル自体ではなく、下記でご紹介するこのホテルのムービーです。
自分が撮ったムービーのデビュー作ですかね(笑) 
現地に買ったばかりのiPhone持って行って、撮ってきました。結構撮れるもんです。
ただ慣れていないせいか、手ぶれ、パーンが早い等、お見苦しい点が多々あると思います。

又その撮ってきたムービーをMacの動画編集ソフトで若干いじってみました。タイトル付けたり、効果付けたり、音楽付けたりです。

音楽は一般の方の無料音楽素材を使わせていただきました。
市販されている曲は版権の問題でほんとうは使ってはいけないのですよね?

ゆくゆくはBGMもMacについている音楽、作曲編曲ソフトで作るつもりですが、そこまではまだまだ先になりそうです(今は時間がありません)

と言う事で下記ご覧下さい


1クリックいただけると励みになります

 

| | コメント (2)

2009年9月21日 (月)

『大人のバリ』 No02

Img_4204

バリ島の最南端に出来た<ブルガリホテル> 正にここは大人の空間。この海を見下ろすテラス席のソファーはこのホテルの中でも一番の席かもしれません。

今回ここへ泊まったかって? 
とんでもない、ここへは一観光客としてオプショナルツアーに参加してやって来たのでした。なんのオプショナルツアーでしょうか・・・

最近流行のこのホテルでの「ハイティー(スイーツやサンドイッチなどを食べながらのお茶の時間)&ケチャックダンス鑑賞」のオプショナルツアーでした。

ただしさすがバリ島のハイティーだけあって、サンドイッチの代わりにインドレシア名物料理サテー(焼き鳥)とルンピア(春巻き)でした。

Img_4210

Img_4271

ここでゆっくり1時間半ほどお茶の時間を楽しみました。と言いたい所ですが、職業病がでて、女房子供がこのゆったりした時間を持ってる中、一人ホテル視察にフロントへ走ったのでした。

いやー、見て良かった、さすがブルガリホテル、素晴らしい・・・
一気に写真いきます!

続きを読む "『大人のバリ』 No02"

| | コメント (4)

2009年9月20日 (日)

イタリア湖水地方の名門ホテルとまたまたアマルフィ

01

昨晩のNHK「世界街歩き」そして今晩の「世界不思議発見」とイタリアの風景が続いていました。 そう言えば昨日の「旅行博2009」の業界用セミナーでこの「世界不思議発見」のプロデューサーの方の講演を聴きました。 非常に面白い話があったのですがそれは又後日。

上の二つの番組でどちらにも出てきた場所が<アマルフィ>でした。しかしここも映画の上映依頼だいぶ露出が多くなって、有名になってきましたね。これから行ってみたい人が多くなるでしょうね。

私のブログでは、こんなに流行る前からだいぶ紹介してました(自慢です:笑 ブログ左欄の一番下、サイト内検索窓に、アマルフィ、と入れると22件ヒットします)ので、今日はそれ以外で放送されていた北イタリア湖水地方の情景です。

上の写真はTVでも放送されていたコモ湖の夏の情景です。 本当にこの頃の湖水地方は爽やかで、山有り湖有り、正に風光明媚とはこの事かと思う情景が広がります。

13

TVでも紹介されていた、<ISOLA BELLA イゾラベッラ>=美しい島と言う意味だそうです、 ボッロメオ家の宮殿の島です。ここを訪ねたのは7月中旬、正に一番気候の良い日でアルプスの山々と湖の青のコントラストが素晴らしく、爽やかな風が流れていました。

湖畔の名門ホテルのテラスでの時間はゆったり流れていました
(仕事でしたので私たちの時間の流れは慌ただしかったのですが:笑)

続きを読む "イタリア湖水地方の名門ホテルとまたまたアマルフィ"

| | コメント (2)

2009年9月19日 (土)

映画「アマルフィ」の舞台 ラベッロの名門ホテルシェフの技

Img_0220

話題もそろそろ下火になってきた?映画「アマルフィ」のロケ地でもあったラベッロの名門ホテル<ホテル・カルーソ>の総料理長の素晴らしい味を今週堪能出来ました。

銀座にこんなビル「アルマーニタワー」があったんですね。よくこの辺りは通るのですが全く知りませんでした。このアルマーニタワーの10階にレストランがあります。

今ここでイタリアカンパーニャ州をテーマにしたディナーが期間限定で紹介されてます。
■レストランアルマーニ  ■カンパーニャ州ディナー

この日のディナーはあるホテル、政府観光局、州観光関連企業がスポンサーで、我々業界もご招待されたものでした。
日本で食べるイタリアンは現地で食べるイタリアンより美味しいと個人的に思ってますが、この日のメニューも大変素晴らしく、自分で払ってもこの内容であれば高くはないのではと思いましたが、実際に来れるかどうかは???(笑)

このラッベッロのホテルがやはり素晴らしい。「アマルフィ」の映画は冬でしたが、やはりここへ行くなら夏でしょう。
■ラベッロ過去記事その1  ■ラベッロ過去記事その2

メニューとシェフのご紹介は・・・

続きを読む "映画「アマルフィ」の舞台 ラベッロの名門ホテルシェフの技"

| | コメント (2)

2009年9月14日 (月)

『大人のBALI 』 No01

Img_4274

今日帰国しました。4時間遅れで現地時間朝4時発、最後で疲れました。

パリ島は初めてでしたがいつも通り中身の濃い旅でした。

来週はシルバーウィークとやらで連休になりますので、週末あたりから『大人のBALI』ゆっくりご紹介して行きましょう。

今週末から「世界旅行博」がビッグサイトで開かれます。
■世界旅行博2009

その関連で各国からお客様が来日しておりアポイントで忙しく、夜も明日から土曜日まで毎晩イベントありですので、平日は更新出来ないと思います。

上の写真のようなバリの静けさはつかの間の休息でした。

どちらかと言うとハネムーナーや若い人に人気のバリ島ですが、若い人ばりでない
『大人のBALI』の旅のスタイルをご紹介していきましょう。

そのひとつとして紹介する最近出来た上の写真のホテル・・・

続きを読む "『大人のBALI 』 No01"

| | コメント (4)

2009年9月 6日 (日)

これを見てみたい! & 『旅スタ 世界遺産講座』 第3回

Laurent_rousselin_amiens_metropole_

                                  *写真提供:アミアン市観光局

クリスマスの時期にこの教会のこの情景を見たいのです。もう一カ所とともに・・・。

今日初めてご覧いただいた方、この情景の他にもう一カ所見に行きたい場所について以前書きました、これです。

どうですこの色、ある教会のファサード(正面)なのですが、素晴らしい色ですよね。

でもこれ最新の光のマジック、照明で昔の色を復元しているのだそうです!

驚きですね。この「音と光のイルミネーション」を見られるのは、夏のシーズンとクリスマスのシーズンだけなのです。

見てみたいとも思いませんか。真冬の寒さの中で見るこの教会・・・

ここはフランス最大の大聖堂「アミアンの大聖堂」です。

下記Wikipediaの大聖堂全景をご覧下さい。この照明入り口の部分の色が中世の時代の色に蘇ります。しかし昔はこんな色鮮やかだったのですね。

■アミアンの大聖堂

と言う事でしばらくぶりの更新です。前回から早半月、急に忙しくなってなかなか更新出来ませんでした。講座も・・と思っていたところ、この写真以前現地の観光局の方が来日された際にいただいたCDの中にあったのを今日発見しました(笑)

ちょうどこの教会『世界遺産』だったので、続けて『旅スタ 世界遺産講座』第3回 アミアンの大聖堂 を始めようと思います

 

続きを読む "これを見てみたい! & 『旅スタ 世界遺産講座』 第3回"

| | コメント (3)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »