« チンクエ・テッレの村々 その3 | トップページ | オランダの家並み »

2006年2月 4日 (土)

旅のスタイリスト講座 チンクエ・テッレ

chinque_map02

この世界遺産でもある<チンクエ・テッレ>のエリアを少しお勉強してみましょうか。赤丸の村が5つの村、土地、チンクエ・テッレです。

リオマッジョーレ、マナローラ、コルネリア、ヴェルナッツァ、モンテロッソ。

移動手段は列車、フェリー、ボート、タクシー、徒歩になるでしょう。ミラノ中央駅から列車で、SpeziaやRapalloへ。列車によっては途中Genovaで乗り換えになります。チンクエテッレの各駅は、上記の駅から又ローカル線に乗り換えて行くことになります。この電車のタイムテーブルは当てになりませんので、スケジュールは余裕を持って立てることが肝心です。

itl_chinquet16

itl_chinquet15 ラパッロ駅

日本の駅とはだいぶ雰囲気が違いますね。5つの村の移動は列車かボートか徒歩と言いましたが、5つの村をつなぐ道がありますので足に自身のある方は完全走破できます。その道の中でも有名なのが

itl_chinquet04

前回ご紹介したリオマッジョーレ村から隣のマナローラ村までの海岸線の道が<愛の小道>と呼ばれ人気のルートです。上記がその案内看板です。残念ながら私は時間がなく歩いていませんが、次回行くことがあったらぜひ歩いてみたいと思います。村から村への道やその他このエリアの小道の案内が細かく下記のリンク集に掲載したページに出ていますのでご覧ください。

itl_chinquet14モンテロッソ

一番ミラノ寄りにある村。ここは一般的なリーゾート地のようで少し興ざめでした。私はここから列車乗ってラッパロへ。そこからTAXIで5つの村とは違いますが、ポルトフィーノへ向かいました。

itl_chinquet17 サンタ・マルゲリータ・リーグレ駅

ミラノ中央駅を朝7:15分の列車に乗って、このサンタ・マルゲリータ・リーグレへ着いたのが夕方18:00頃、これからミラノへ戻ります。夏の夕暮れ時の駅の風景。つかの間楽しみました。

仕事なのでしょうがないのですが、ミラノから1日で<5つの村>と<ポルトフィーノ>の視察を駆け足でこなしてきました。だいたい企画のための視察はこんなスケジュールで動くことが多いのです。皆さんはゆっくり。出来ればどこかの村で1泊でもすることをお勧めします。

■記事関連リンク

5つの村の写真や散歩道など細かな情報が掲載http://www.cinqueterre.it/en/index.asp 

vernazza

*前回ご紹介したヴェルナッツァ村の空からの写真です。(HPより) 時計台、広場がわかりますか。

心に残る写真と感じていただけたら幸いです。        1クリック、コメントお願い出来れば励みになります

|

« チンクエ・テッレの村々 その3 | トップページ | オランダの家並み »

コメント

自分の足でゆっくりと5つの村に行ってみたいです!
初夏とか気持ちが良さそうですね♪

投稿: MiKi | 2006年2月 4日 (土) 22時27分

機会があたらぜひお出かけください。絶対お勧めのエリアです。そう初夏あたりがいいかもですね。

投稿: ◇MiKiさん | 2006年2月 5日 (日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114991/8503288

この記事へのトラックバック一覧です: 旅のスタイリスト講座 チンクエ・テッレ:

» 世界遺産 [世界遺産]
世界遺産条約とは、1972年の第17回ユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約」 [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 10時56分

« チンクエ・テッレの村々 その3 | トップページ | オランダの家並み »