« 2013年4月 | トップページ

2013年8月

2013年8月23日 (金)

ベルギー,オランダ定番&おすすめ情報

Img_0884_2
この夏日本から親戚がやってきたので、何度目かのお隣ベルギーと地元オランダを案内することとなりました。この写真ブルージュのマルクト広場の夕暮れですが、ここも既に何回か来ていますが、この夕暮れ時の時間帯は初めてでした。ロマンチックで、建物のシルエットと空の色がちょうどバランスよく映り良い時間でした。
hh
Img_0811_2
旅の初めは、それこそ定番、グランプラスから。しかし今年の夏は暑かったですね。この日もオランダベルギーにしては猛暑の日で、広場には観光客用?の日陰のお休み所のようなテントがいくつか設置されていました。
h
h
Img_0828
さて、ここからが情報です。このお店知ってる方も多いと思いますが、ベルギーの老舗クッキー屋さん「ダンドワ」です。1929年創業のクッキー屋さんですが、ここの名物?は、ワッフルです。日本のガイドブックには必ず掲載されている店ですが、数年前、旅行雑誌の表紙に、この店のワッフルを焼いている女の子が載って更に有名になりました。
グランプラスから小便小僧に行く道の左側にあります。
<DANDOY>
住所:Rue Charles Buls 14, Bruxelles
Tel: +32 (0)2 512 65 88
URL: http://www.biscuiteriedandoy.be
h
Img_0850
続いてこれまた、ベルギーと言えば定番、チョコレート屋さんです。
高級チョコレート、「ピエール・マルコリーニ」がギャルリ・サンチュベールに最近オープンしました。ショーウインドウの飾りも何か宝石屋さんのようです。
h
Img_0969
今回の宿泊地はブルージュにしましたが、このホテルに泊まるのは初めてでした。
町の中心、ブルグ広場から徒歩数分で観光に便利、そしてアムステルダムから車で行く際にホテルまでのアクセスが比較的簡単、もちろんホテルに駐車場ありです。ただし6台分しかありませんが、近くに最近出来た地下駐車場がありますので安心です。
料金もご覧の写真の豪華さとは違ってリーズナブルです。
Img_5815
朝食会場も中庭に面した明るいレストランで、ビュッフェの種類も豊富でした。

Hotel Oud Huis de Peellaert

Hoogstraat 20, Brugge

h
Img_0858
続いてブルージュのお勧めレストラン。
ベルギーの定番、ビール。何百種類のビールが全国にあるようですが、このレストランは何百かどうかわかりませんが、種類が豊富に揃ったビアーブラッセリーです。
ビール好きの方お勧めです。店の雰囲気はカジュアルで、皆飲みながら食べながら、ワイワイと言った感じで、気取らずにベルギーのビールや郷土料理が楽しめます。
Bierbrasserie Cambrinus
Philipstockstraat 19, 8000 Brugge
Tel.: 050/33 23 28
h
Img_6728_2
オランダへお帰りの際、又ベルギーへ行く際には立ち寄られるパターンが多い町、アントワープ。ここでのお勧め、もうかなり有名でオランダからの奥様方グループの来店も多いとか。
アントワープ最古のカフェで、この店のオーナーの奥様は日本人。メニューはアントワープ名物料理からクロケットなど各種揃ってますし、もちろん地ビールも。
個人的なお勧めは、ドライカレーでしょうか。
<Café Quinten Matsijs>
住所:Moriaanstraat17, 2000 Antwerp
Tel: +32 (0)3 225 170
定休日:月曜日
h
Img_5977
最後はアムステルダム郊外と言うか、A2でユトレヒトに向かう途中、N201でヒルバーサムに向かって少し走ると、Vreelandと言う小さな村があります。その閑静な住宅地の中にこのレストランがあります。ご覧のような水辺のホテル兼レストランで、落ち着いた雰囲気の中で食事がとれます。このレストランの目の前は小さな運河、白い跳ね橋、対岸は花が飾られた住宅地と、まさにオランダらしい風景です。これから秋にかけてもこの辺りは良い雰囲気になるのではないでしょうか。

De Nederlanden
Duinkerken 3
3633 EM Vreeland aan de Vecht
The Netherlands
T: +31 (0)294 232326

Img_5966

終わり

« 2013年4月 | トップページ