« 【政府観光局ニュース】オランダ、ベルギー街歩きガイド | トップページ | 「ウェルカムセミナー」  旅の楽しみ方 »

2012年3月21日 (水)

街歩きが楽しい、ベルギー・フランダース地方の街、ゲント。

20120321_92555

ベルギーの古都と言えば日本人観光客にはブルージュが一番人気ですが、ここゲントもブルージュと並ぶ北方ルネサンス発祥の地でもあります。
ファンアイク兄弟の祭壇画「神秘の子羊」はフランドル絵画の最高傑作と呼ばれています。この祭壇画が飾られている聖バーフ大聖堂はじめ見所がコンパクトにまとまり、散策にちょうど良い街です。レイエ川とスヘルデ川の合流地点には中世の面影を残す壮麗なギルドハウスが建ち並び、夜にはライトアップされ、それが水面に映るとロマンチックな雰囲気になります。

又食べる楽しみもこの街には沢山あります。まずブリュッセルワッフルの発祥のお店、<Max>のワッフルは絶品です。是非お試し下さい。ご覧のようにフルーツ一杯のものからシンプルにアイスクリームとチョコレートのものまで、いろいろな種類がありますが、トッピングはお好みでも作ってくれます。上の2種類を一つに、と言った豪華版も可能です。

また中世には肉屋のギルドハウスであった建物のなかには、100年以上続く人気のパン屋さんやマスタードショップなどここも是非立ち寄りたい場所でしょう。

Img_8498
日曜日には朝市も出て街歩きがより一層楽しくなります

◆ゲントの日曜日散策ルート:ベルギー・フランダース政府観光局 ⇒

Img_8458

かつての肉屋のギルドハウスを改良して出来たカフェやショップ
Img_8271  h(ぶら下がっている肉は本物ではありません)

Img_8268 1904年から続くお菓子屋さん。昔の駄菓子屋さんの様なレトロな店内です。

こんな魅力溢れる中世の街ゲントへ週末ドライブでもいかがでしょうか。
1泊するにも街の中心にいくつもホテルがあり便利です。

« 【政府観光局ニュース】オランダ、ベルギー街歩きガイド | トップページ | 「ウェルカムセミナー」  旅の楽しみ方 »

◇スタッフブログ」カテゴリの記事

・ベルギー」カテゴリの記事