« 【政府観光局ニュース】 オランダのクリスマス 情報 | トップページ | 必見ですよ! »

2011年11月20日 (日)

MSCクルーズ体験記 誰でもお気軽!クルーズの旅

Img_1824_2

実は、海は大好きなのに、船は嫌い!という私。昔にハワイでひどい船酔いをしてから、船嫌いというより、船恐怖症になっていまい、大型フェリーでも何でも酔うようになってしまいました。それなのに、仕事でクルーズを販売する事になり、しかも担当になってしまったのです。嫌いでは済まなくなり、「販売するからには、自分で体験してきて。」という上司の言葉。えー!?無理じゃない。。。不安がよぎります。でも、こんなに世界的なブームになっているクルーズ。楽しくなければ、よくなければ、こんなにブームになるはずがありません。それなら、覚悟を決めて、自分の目で見てみよう!と一人クルーズ船に乗り込みました。

私が乗船したのは、カジュアルクルーズで、今、日本でも人気がでてきているMSCクルーズ。スプレンディダというMSCの中でも2009年7月に初就航した最新鋭で138000トンという大型クルーズ船。13万トンって言われても、ピンとこないですが、これが、見てみるとすごい!港近くから目立つ大きい船。近くで見るとこれはビルです。それはそうでしょう、18階建てですから(本当は17階ですが、イタリアでは17がアンラッキー番号なので、17階がなく、18階なのです。MSCはイタリア船籍だからでしょう)。圧倒される大きさに感動さえ覚えます。港には他のクルーズ船も停まって、クルーズ人気がわかります。荷物を預け、チェックインして、さあ、船に乗り込みましょう。

Img_1850 初めてなので、ドキドキもので中に入ると、明るい外の光りから暗めの廊下の先には、いきなり豪華絢爛なロビーが広がってます。これが豪華クルーズ船かぁ!と思わず声にだしてしまう程のキラキラに輝くスワロフスキーの階段や、金の縁取りのエレベーターなどに面喰ってしまいながらも、まずは自分のキャビンに辿りつかねばと先に進みだしました。
中は広く、迷ってしまいます。まず、最初はデッキプラン(船内見取り図)を頼りに、船内探検をしましょう。迷子になっても大丈夫です。船の中は安全ですし、フレンドリーなスタッフが助けてくれます。日本人スタッフが乗船している事もあります。

した。
中は広く、迷ってしまいます。まず、最初はデッキプラン(船内見取り図)を頼りに、船内探検をしましょう。迷子になっても大丈夫です。船の中は安全ですし、フレンドリーなスタッフが助けてくれます。日本人スタッフが乗船している事もあります。

私も、クルーズ乗船前は、よく一般に言われるクルーズに対する偏見がありました。

1.船は揺れる
2.日数もかかるし、料金が高い
3.高齢な方ばかり
4.何もすることがなく退屈
5.ドレスコードとか面倒


1.船は揺れる***

最初にも言いましたが、これが私の一番のネックでした。船酔いの薬を2箱も買って持ち込み臨みましたが、あれ?って位、大丈夫でした。クルーズ船はスピードもよりも快適性を重視していて、最近のテクノロジーのスタビライザー(安定化装置)を装備していて、揺れを軽減しているそうです。しかも、地中海やエーゲ海などは内海ですので、冬などでなければ波は穏やかです。

大抵は航海は夕方出港して、朝、次の寄港地へというパターンが多いので、寝ている間での航海ではあまり具合悪くなりません。そうは言っても、全く揺れなかったわけではなく、5日間で1回だけ薬を飲みました。その時は天気が悪く、風が強くて、波が荒くなってしまったのです。気持ち悪くなる前に飲んだせいか、2時間程横になっていたら落ち着き、元気にフィットネスに行った位です。もちろん、船内には医者もいますし、酔い止め薬はレセプションや医務室で無料で貰えます。

Img_1855

2.日数がかかるし、料金が高い***
Img_1896 大抵のクルーズは、7泊8日などで1週間です。しかも、ヨーロッパからなら、乗船・下船地までフライトの数時間で簡単に行けます。日本からならもちろん前後泊も必要ですけど、そこがヨーロッパにいる利点です。

料金も普通の旅行と比べてみましょう。オールインクルーシブ3食付きですので、まず食事代がかかりません。移動も船に乗ってしまえば、船が次の寄港地まで移動してくれるので、自分で飛行場に行ったり、列車に乗ったりなどしなくてよく、ラクラクです。スーツケースも船に乗ったら、すべての服をクローゼットに納めてしまい、下船の前日まで必要なし。毎日、スーツケースの中を出したり、仕舞ったりする手間がかかりません。

Img_1852 しかも、MSCは18歳未満の両親と同室のお子様はクルーズ代金が無料!!です。無料なのに、食事も大人と同じです。これって家族連れにはすっごいお得です。しかもお子様が17歳まで無料ですから。
普通に旅行でしたら、ホテル代、移動の交通費代、食事代とかかりますので、合計すると全然高くないと思います。

っh様が17歳まで無料ですから。
普通に旅行でしたら、ホテル代、移動の交通費代、食事代とかかりますので、合計すると全然高くないと思います。様が17歳まで無料ですから。
普通に旅行でしたら、ホテル代、移動の交通費代、食事代とかかりますので、合計すると全然高くないと思います。


3.高齢の方ばかり***
これは違います。ほんとに、私のクルーズには子ども連れのご家族がいっぱいでした。子供用のアクティビティも充実してます。子供用プールには、楽しいスライダーが。昼間はプールサイドでダンスやクイズなどの何かしら催し物が。昼間は劇場で子供向けのショーがあったり。食事もビュッフェなどでは子供も好きなものを選んで食べてます。カジュアルで、ここがクルーズかって忘れるくらいです。
もちろん、お年を召した方もいらっしゃいます。移動が楽で、のんびりできますし、安全ですから。さすがに写真までは控えましたが、車いすのグループの方もいました。老若男女、誰にでも!これが今のクルーズです。

4.することがなく退屈***
Img_1993 これも全く違いました。毎日忙しすぎて、本も読む暇がないほどでした。朝、起きたら次の寄港地に着いているので、エクスカーションに参加。私は、イタリアナポリから乗り込みましたが、次は、シシリア島のパレルモ、チュニジアのチュニス、スペインのマヨルカ島と、飛行機ではこの航路は絶対無理だろうという日程で、なかなか行かない街でしたので、寄港地による都度にエクカーションに参加してました。

もちろん、港に停泊中でも船でのんびりしてもいいですし、各自で船を降りて観光や買い物をしてもよい訳です。船の中では、毎日、色々なイベントがあります。プールサイドでは、ゲームやクイズ、アエロビクスや卓球やら、何かしらやってます。劇場やゲームセンター、ディスコもあり、もちろんフィットネスもあります。クルーズでは食べ放題なので、ほんと食べ過ぎてしまいます。イタリア船籍のMSCは食事も日本人に合います。パスタもリゾットもアルデンテです。デザートのジェラードもおいしいので、つい。。。でも、フィットネスで広い海に向かってのランニングマシーンでのランニングは気持ちがよいものです。

Img_1917

スポーツバーからピアノバーまでお好みに合わせて夜も過ごせます。結構人が多かったのが、カジノです。簡単に楽しめるスロットから本格的なブラックジャックまで沢山の人で賑わってました。劇場のショーは、夕食時間に合わせ、2回あるので見逃すこともありません。ダンスなど言葉がわからなくても十分に楽しめるようになっています。

Img_1973_2

から本格的なブラックジャックまで沢山の人で

賑わってました。劇場のショーは、夕食時間に合わせ、2回あるので見逃すこともありま

せん。ダンスなど言葉がわからなくても十分に楽しめるようになっています。

 

5.ドレスコードが面倒***
これって特に女性が考えてしまいますよね。

日本人の私たちは、こちらの人のように肩をだしたイブニングドレスなど着る機会がないですから、そんなの持ってない、ってなりますね。男性もモーニングなんて持ってないって方が多いのでは。でも、このクルーズではそこまで堅苦しく考えなくて、全然大丈夫です。

毎日夕食の際にはドレスコードがありますが、そこがカジュアルクルーズ。いたって自由気ままでした。確かに、フォーマルの日はきれいなドレスを着ている人もいますが、シンプルなワンピースの方もけっこういます。逆にロングドレスとか着ている方はあまり見かけませんでした。さすがにジーパンやT-シャツなどは避けていただいた方がいいですが、ちょっとアクセサリーを着けるとか、ドレッシーな感じで十分です。

男性はジャケットで素敵なネクタイなどされれば問題ないでしょう。周りが外国人ばかりですので、変な話、周りを気にするような事がありません。自分たちが自分の好きなようにおしゃれを楽しんでいるという感じです。もちろん、カジュアルの日もあり、その日はジーパンなどでも大丈夫です。

カジュアルクルーズであるが為に、食事もカジュアル。夕食はコースメニューの中から選びますが、何を選んでもいいのです。例えば、今日はおなかが空いてるからメインのお肉も魚も食べたいって時は、2皿頼めます。逆にあんまり食べたくないから、メインは抜きにする、とか、パスタはスキップするとか、組み合わせや選び方は自分のお好みで決められます。昼食のレストランも同様です。

飲み物は有料となります。ご家族にはドリンクパッケージがよいでしょう。ミネラルウォーターやコーヒー、ワインパッケージなどあります。ワインのボトルは食事中に飲みきれなくても大丈夫です。ウェイターがちゃんと取っておいてくれて、次の食事の際に出してくれます。

船内のサービスはカジュアルでも、行き届いています。部屋の掃除などは、日に2回はきて、部屋にいない隙にきれいに掃除をしてくれます。連絡事項も必ず部屋に届き、日本語の案内も事細かに説明してくれてあり、質問などない位。至れり尽くせり!スタッフは世界各国からで、特にインドネシア人が多く、とてもフレンドリーです。

ただ、私の乗った超大型クルーズ船は3000人以上の方が乗りますので、それはもう大勢の人で混雑する時があります。人が一斉に動く時には、エレベーターがなかなか来ず、階段を利用した方が早い時もありました。朝食や昼食などビュッフェの時も、騒がしくて落ち着かない事もありました。でも、クルーズ船にはこのような超大型から、1000人程度の30000トンサイズからありますので、小さめなクルーズ船ではお客様同士、もっと家族的な交流も生まれているようです。

来年、オランダに発着するリリカは60000トンで1500人程の定員ですので、半分の定員で、
中には、もっと贅沢な空間をゆったりと静かに過ごしたいという方いらっしゃるでしょう。そういう方にお勧めなのは、MSCヨットクラブです。これは、スイートタイプのキャビン、専用レストランやラウンジ、プールで、エグゼクティブ気分を味わえます。レストランやラウンジでの飲み物も含まれます(特別注文のドリンクは有料)ので、けっこう飲まれる方などはお得になりそうです。でもカジュアルクルーズなので、堅苦しくなくってところが気軽にご利用できるようです。


Img_1903

クルーズの楽しみ方は千差万別、みんなのためのクルーズであるという事を実感しました。自分から移動する旅でなく、船が運んでくれる旅。これは癖になりそうな感じがしました。

« 【政府観光局ニュース】 オランダのクリスマス 情報 | トップページ | 必見ですよ! »

◇お勧めの旅」カテゴリの記事