« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月25日 (木)

**全日空世界初★ボーイング787ドリームライナー1st 飛行★についてのお話***

Imageimage004jpg01cc6283f7242240 新しく全日空に就航しました「airplaneボーイング787 ドリームライナーairplane」についてのお話です。

少しつまらないお話かもしれませんが、興味のある方はぜひ読んでください。<飛行機好きの方にはウケル話かと・・・>

実は私にとっては、とても思い入れのある機体なのです。
私の個人的なお話ですが、2004年よりアメリカのカレッジに行くため、シアトルに行きました。
そもそも何故シアトルだったのか?!(←コレよく聞かれます!笑)

小さい頃から飛行機が女の子なのにとても好きでしたhappy02
その憧れは大きくなっても変わらず、航空学を学びたいということで航空学部のあるカレッジを選択。

迷わずボーイング本社のあるシアトルを選びましたsign03sign03
これも単純な子供心でしたが、行ってみると意外とその理由でシアトルを選んだ留学生が沢山いました。

ということで、ドリームライナーとどういう関係があるのかということですが、航空学最後のファイナル(日本では期末考査というのでしょうか)で
エアバス社のA380とボーイング社のB787ドリームライナーの比較エッセイを提出しました。
(但し、このドリームライナーに対抗して、この後エアバス社がこれを超えるA350を開発していると発表したので、これと比較エッセイを書くべきでしたね。coldsweats02
また、シアトルでは最初の一年、ホストファミリーと暮らしていたのですが、ホストファーザーがボーイングに勤めており、機体のデザイン担当であった為、
話を聞いたり開発部のスタッフの方から話を聞いたりしたというところから、個人的にとても思い入れのある機体なのです。

完成するまでのお話・・・・dash
そもそもこの機体は、ボーイングが次世代中型旅客機として開発されました。

Q:今までのボーイングの機体と何が違うのか。
A:中型機としては、一番航続距離が長くなったことで今までは大型機でないといけなかった長距離直行便路線(例:日本ーヨーロッパ間)にも中型機で行くことが可能になりました。
 燃費も20%アップです。軽量化することで、貨物も従来より6トン多く運ぶことができます。

そして、2003年にパリの航空ショーで発表されたものの、航空業もテロなどの影響で不況をむかえ、あまり注目がなく一旦計画を中止しました。
しかも実は、このB787は3種類あるのです。3型、8型、9型とあり、全日空が購入したのは8型のドリームライナー基本型(9型も後で購入してます)です。

●航続距離 15.700km
●座席数  223席

元々は、3型の航続距離6500kmで座席数296席を予定していたが、開発が遅れたのと実際に発注があったのは全日空と日本航空の2社だけであったため、
基本型に変更してしまったことで、実際には今この飛行機は発注が全くありませんので、1機も飛んでいません。
そして、順番に9型は一番新しいもので、8型の胴体を延長したもので、座席数も259席と少し増やしたものです。そのうち、10型も出るでしょう。

と話を戻して、全く売れなかったので、2004年に、ボーイング社の副社長が営業の為、色々な国を訪問したのですが、なんと初めに訪問したのが偶然日本でした。
というのも、全日空が少し興味を示しており今まで長年使用してきた767便の後をどうするかというのを練っていたようです。
そこでびっくりしたことにこの不況の中、明るい未来を信じて、迷わずして一番初めに50機(今は、5機増やして、55機のようです。)を購入したのが全日空でした。
これが話題を呼び、日本航空やユナイテッド航空、デルタ航空など多くの航空会社が購入しました。

但し、話題を呼びすぎたせいで、2007年にシアトルで式典が行われた際に、機体内部の開発におっついておらず、外部だけの公開でした。
業界関係者はなぜ外部だけなのかと疑問に思っていました。この時点で677機の発注があり、開発が遅延していると発表しました。
その一番大きい理由として、60~70%部品を外部発注し、それをまた自社で加工したが為にすごい時間がかかってしまいました。
実際に、この段階で開発の遅延により発注キャンセルをしたり、従来の767便に発注を変更した航空会社もありました。

この後、全日空は北京オリンピックに飛ばす予定であったが、遅延による代替フライトを767でボーイング社が提案してきたりと、
遅延に対する損害を起こしたり、ボーイング社労働組合のストライキなどで問題が多々あり、こんなに遅延したのは初めてだったそうです。

その後も、色々とあるのですが、長くなるのでカットしまして、いよいよ先月の7月3日に日本・羽田空港に到着。
そして、2日後に羽田空港から伊丹空港に初実飛行を行った。
その後も、グアムまでテスト飛行したりと重ねてきまして、いよいよ羽田空港からフランクフルトへの就航が決まりました!!!

そして、一番気になる機体と中身のお話・・・

ポイント①   中型のワイドボディー!(おなかのあたりがふっくらしてるタイプ) B767やB777(実は何気に0.43mB777の方がワイドなんですけどね。)の後継ぎの飛行機です。
ポイント②   世界初トイレはウォシュレット! (これは今のところ全日空がオプションとしてリクエストしたようです。)
ポイント③   客室の天井が20センチ高い! 
ポイント④   シートピッチは大型機と同じ幅を確保! (これはワイドボディーだからできたのです。)
ポイント⑤   窓が大きくなりました! 従来の1.6倍ですので、窓側の席でなくても外の景色を見れるのです。
ポイント⑥   電子カーテンを採用! 逆にシェード(窓を閉める扉)がありません。
ポイント⑦   客室内はLEDライト! これにより客室内のライトを色々な色に変更できます。
ポイント⑧   客室内に加湿器設置!  実はみなさん御存知でしたか?コックピットには昔からあったんですね~キャビンに設置するのははじめてです。

他にも日本とアメリカでは、機体に関してコンセプトが違う分、色々と調整されているのですがこの辺にしておきます。 

ちなみに中型機なので、座席配列は、2ー4ー2です!
ほとんどの航空会社は、3-3ー3でオーダーしているようですが・・・

とここでストップしたいと思います。

私が一生懸命この機体について調べたのが、2006年~2007年にかけてなので、記憶を思い出しつつ書きました。
完成した機体に対しての情報も確認しましたが、万が一情報に間違いがありましたらお許しください。sadsweat01

と飛行機好きの私にとっては、やっぱり乗りたいですね~lovelygood
私の雑学にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。smile

heart01Ashheart01

Imageimage001jpg01cc6283f7242240

2011年8月24日 (水)

【政府観光局ニュース】  モンサンミシェルの新たな姿

このニュースは一般の方に先駆けて業界ニュースとして流れたものですが、特に秘密にする事もないものなので皆さんにはいち早くお届けします。

2005年から始められていたモンサンミシェル周辺の環境保全に対する大工事が一つの山場を迎えました。来年4月からここへのアクセス方法が大きく変わり、今後自然との共生のもとに施設が改善されていくようです。詳しくはこちら⇒

*情報提供:フランス観光開発機構

2011年8月18日 (木)

花火大会 in Scheveningen!!!

日本のこの時期は、もう夏祭りが終盤を迎えている頃でしょうかsign02

花火や、屋台など日本人としては、やっぱり浴衣を着て出かけたいところですが、こっちではありませんね。

但し、ご存知の方も多いかと思いますが、Scheveningen のビーチで花火大会scissorsが行われています。昨年の優勝はベルギーnote

私も先週土曜日に行ってきましたsign03
というのも、この日は

         China × Japan    bombshine

ちょっとでも日本の花火を味わおうかと出かけてみました。
意外とすごい人でびっくり!
駐車場に止めるだけでかなりの行列!だったので、隣町に駐車して、そこからバスにしました。行くのであれば車はお勧めできません。


そもそも日本の花火というのは大きいというので、有名です。
中でも今年は、ギネスブックに記録されている直径800mの三尺玉花火が日本では話題のようです。といっても、実はギネスに載ったのは、平成13年とけっこう昔の話ですが、テレビでいくつか取れあげたことから、今年は話題のようです。

この花火の発祥地は新潟県で、秋祭りにあげられます。
重さ420kg、直径800kmと巨大ですgood
残念ながら、この三尺玉花火は見れましたが、巨大な歴史のある花火は見れませんでした。
三尺玉花火というのは、打ち上げた後にさら~~~っとすだれのように流れていく花火です。これはギネスや何らかの記録ではありませんが、日本の花火はこの流れていくすだれの部分が本当に長く、中々消えないというのも有名です。

でも、やっぱり寒い時に花火というのは、カウンタウン以外イメージがわきません。
ただ、本当に近くて大きい花火は向かってくる>_<って感じだったので、今週も行こうかと思ってます!今週は天気もいいみたいですし!happy02dash

今週でちなみに終りなのですが・・・予定をお知らせします!
でもって、各国の花火の時間は、10分前後で終わりますので、一カ国目が終わると次を待ち切れず帰る人もいたり・・・

8月19日 金曜日
        Canada 21:45スタート   ×   Brazil 22:30スタート

8月20日 土曜日
        Den Haag 21:45スタート   ×  Nederland 22:30スタート


私としては、やっぱりラストのオランダの花火に興味がありますね!
この夏、日本帰国を予定していない方!見に行ってみてはいかがでしょうか。
ただし、残念ながら前回優勝国のベルギーは12日に終わってしまいました・・・


ホームページ
http://www.vuurwerkscheveningen.nl/ (オランダ語)

P.S 写真を入れたかったのですが、コンピューターの設定が違うようでうまく入れられません、、、。次回は、素敵なブログにしますので、今回は分だけですみません・・・

2011年8月14日 (日)

【おすすめ本】 秋の夜長におすすめ

日が暮れるのが日に日に早くなって来る今日この頃ですが、これからの秋の夜長には読書が一番ではないでしょうか。インターネットの電子書籍が読める時代ですが、やはり本の重さや紙の香りを感じながらじっくり読むことはこれからもなくならないと思います。

そんな夜長にぴったりの本を2冊ご紹介しましょう。

20110814_203104_2 聖灰の暗号〈上〉 <下> (新潮文庫) [文庫]
帚木 蓬生 (著)

上下2冊の大作ですが、読み始めると一気に読んでしまうことでしょう。
昨年世界遺産に登録されたフランスのアルビ、この都市に非常に関係が深い話しです。

<アマゾンの商品説明より>
商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
歴史学者・須貝彰は、南仏の図書館で世紀の発見をした。異端としてカトリックに憎悪され、十字軍の総攻撃を受けたカタリ派についての古文書を探りあてたのだ。運命的に出会った精神科医クリスチーヌ・サンドルとともに、須貝は、後世に密かに伝えられた“人間の大罪”を追い始める。構想三十年、時代に翻弄された市井の男女を描き続ける作家が全身全霊をこめた、歴史ミステリ。

っっ

っっっっh

 

はは

はは

っっ

20110814_204633 次は、よく皆さんもご存知のイタリア在住塩野七生さんの作品。こちらも有名な作品ですので既にお読みになっている方も多いとお思いますが、舞台はイタリア、ベニス、フィレンツェ、ローマと旅行のハイライトコースのようですが、それぞれの都市で1冊の本、物語になっている三部作です。
 
フィレンツェの巻の冒頭のシーンの舞台になっているところ(修道院)は現在5つ★ホテルになっています。以前訪ねましたが素晴らしいホテルで、ランチに寄るだけでもフィレンツェの素晴らしい景色が楽しめます。フィレンツェに行かれる事があればお問い合わせください。

緋色のヴェネツィア―聖(サン)マルコ殺人事件 (朝日文芸文庫) [文庫]
塩野 七生 (著)

内容(「BOOK」データベースより)
16世紀前半、海の都ヴェネツィアはトルコ、スペイン、神聖ローマ帝国の3強大国に挾撃され国家存亡の危機に瀕していた。国難にあたる若きヴェネツィア貴族と謎のローマの遊女、貴婦人との秘めた愛を胸に野望を抱く元首の庶子…。権謀術数が渦巻く地中海世界を描いた、ルネサンス歴史絵巻第1部。

銀色のフィレンツェ―メディチ家殺人事件 (朝日文芸文庫) [文庫]


黄金のローマ―法王庁殺人事件 (朝日文芸文庫) [文庫]

2011年8月 5日 (金)

ベルリン 秋のライトアップイベント

2010年10月13日~24日の約2週間にわたって「ライト・フェスティバル」(Festival of Lights)というイベントが開催されます。

大聖堂を始め、テレビ塔、ブランデンブルク門やシャルロッテンブルク宮殿などの50箇所以上のベルリンの人気観光名所が、色とりどりのライトに照らし出されます。
またイベントに合わせて「光」というテーマで数多くの展示会が開かれます。このイベントをテーマにしたフォトコンテストも開かれるようです。
ライトアップされた観光名所をボートやバス、ベロタクシーで巡るツアーも予定されています。

※「ライト・フェスティバル」公式サイト
 URL http://www.festival-of-lights.de/ (ドイツ語、英語)

情報提供:OTOA 海外ツアーオペレーター協会

2011年8月 3日 (水)

最後の夏を楽しむ フランスライトアップイベントのご案内

Img_1232 9月中旬頃までですが、フランス各地でライトアップイベントが行われています。幻想的なライトアップはこの時期しか見られない夏の風物詩となっています。夏の最後の週末にでもお出かけになってみてはいかがでしょう。

⇒こちら

<世界遺産で繰り広げられる音楽-花火-音と光のスペクタクル>の項目をクリック

*左:アミアン大聖堂のイルミネーション

ここは昨年末バスツアーを催行してご好評をいただきました。今年も12月に1泊2日のバスツアーを予定しておりますので、夏にご覧いただけなかった方は是非ご参加下さい。ツアー詳細は後日発表いたします。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »