« 【日帰り旅行】 ユトレヒト編1  今日はミッフィーの誕生日 | トップページ | 降臨祭 ブルガリア3日間旅行 <添乗員として> »

2011年6月23日 (木)

【日帰り旅行】 ユトレヒト編 2

次は、ブルーナさんも尊敬していたというリートフェルトが設計のシュレーダー邸に向かいます。地図はセントラルーミュージアムで貰え、博物館から歩いて、30分ほどです。博物館でリートフェルトデザインの自転車も借りることができます。
天気もよいので、今回は歩いて向かいました。でも、けっこう距離があり、予約時間の15分前頃に着くように言われていたのに、時間が足りなく、 早歩きしなくては間に合わない(汗)。オランダの家並みが続く道を歩き、高速道路の高架が見えた手前に、あれ?って位、突然、リートフェルトのシュレー ダー邸が現れます。
P6121082_2   
たいした囲いもなく、隣の家とも壁がくっついていて、え?これ、世界遺産なのに、こんな扱いでいいのかしら、、、って思いながらも、とりあえ ず、高架下の先の曲がった数メートル先にチケットオフィスに急ぎます。入り口でチケットを見せると、奥の部屋に通され、そこでビデオ(オランダ語で英語の サブタイトル)を見ます。その後、荷物はロッカーに入れて、オーディオガイド(日本語あり)を借りて、係員とシュレーダー邸に向かいます。家の中は保護の 為に、靴にカバーをして入ります。物には触らないように、写真は禁止と説明されて、さあ、見学開始です。中は思ったより狭く、でも、オーディオガイドの詳 しい説明により、非常に機能的にできているのがわかります。2階は、オープンスペースのひとつの空間が間仕切りで、4つの部屋に分かれます。これって、ま さに日本のTVの「匠の技」の原点!?という感じです。
P6121079_4 P6121080_4 さらに、感心したのは、角に柱がないので、角の窓を開けた途端に素晴らしい開放感があります。以前は、この家の周りの三方が野原で、自然との一体感を味わ えるように設計されたものですが、残念な事にすぐ横には高速道路の高架があり、当時の様子はビデオでしか見る事ができません。今でこそ、階段の採光用の天 窓や吹き抜けなど当たり前でしょうか、1924年の当時はかなり斬新なデザインであったでしょう。これが、今、世界の先端建築や車のデザイナーなどで活躍 するダッチデザインのルーツなのか、と感心しながら、1時間ほどの見学を終えました。
 P6131092_2P6131091_3 せっかくだから、ミッフィーを極めようと、ミッフィー広場まで足を伸ばしましたが、こちらは、ちょっとガックリ。小さな殺風景な広場にポツンとミッフィー 像があり、ちょっと寂しげ。。。更に、郵便局の前にあったミッフィーの信号も、今は取り外されてしまってました。残念。ブルーナさんの切手屋や、ミッ フィークッキーが売っている洋菓子屋さんもありますが、日曜、祝日は開いてませんので、次回の楽 しみに。

センターの中世の趣が残る旧運河沿いは、運河横にレストランが並び、cosyなよい雰囲気です。美しいダム塔に登って、ユトレヒトの街並みを見渡すのもよいでしょう(今回は歩きつかれて、断念しましたが)。
P6131087 P6131089 P6131094
大学の街でもあるユトレヒトは、活気もあり、古都としての美しさとミッフィーの原点、シンプルで力強いダッチデザインに触れる事ができる魅力ある街です。是非、週末散策に出掛けてみてください。(HN)

« 【日帰り旅行】 ユトレヒト編1  今日はミッフィーの誕生日 | トップページ | 降臨祭 ブルガリア3日間旅行 <添乗員として> »

◇日帰り旅行」カテゴリの記事